重要通信ラインの熟練フリーエンジニア起用

通信トラブルは、厄介な存在である。
大きなネットワークとなれば、トラブルの原因を特定することがなおさら難しくなる。通信機器のどこか一箇所でも問題が発生すると、ネットワーク全体に影響を及ぼす可能性がある。
トラブルの解決のためには、通信ネットワークについて詳しい技術者の存在が不可欠である。安定動作が求められる重要なネットワークに対して、多くの現場での経験を積み重ねてきたインフラのフリーエンジニアが採用されることもある。

技術者は、多くの職場を体験して技術力を熟練させると、人間の能力の極限に近い実力を発揮することがある。
一般のインフラエンジニアでは指摘が難しいようなトラブルのポイントについて、速やかに指摘できる感覚を持っている。
トラブルの原因箇所さえ分かれば、問題の解決は十分に可能である。

通信システムの維持管理を担当するスタッフのうち、一人でも熟練したベテランがいるかどうかで仕事の内容の質に大きな差が出てくる。
熟練のフリーエンジニアから学ぶべき事は、他のエンジニアにとって非常に多い。こうして熟練したフリーのエンジニアを通して、現場で通信システムの維持管理に携わるスタッフの実力が引き上げられていく。

能力の高いフリーのエンジニアは、報酬も比較的高くなる傾向にはある。
しかしそれでも、重要な通信システムのトラブルに対するいざという時の対策ができるというのは、得られるメリットが大きいと判断ができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です