インフラ開発のフリーエンジニアの立ち位置

インターネットや社内LANは、オフィスでの業務を行うための基本的な設備となりつつある。
ネットワーク機器の利用がオフィスで一般的になったことで、その環境の構築や整備に関わることができる専門職の開発スタッフが必要となった。
インフラエンジニアは、通信環境の構築や維持管理などを専門とする技術者である。また、ネットワーク関連の開発会社で属して仕事を行っているエンジニアの他にも、フリーランスとして活動しているインフラエンジニアも多く活動を行っている。

通信環境を必要としている企業にとってフリーエンジニアは、クライアントからの要望に応じて柔軟に仕事をこなしてくれる利便性がある。
また、ネットワーク開発会社としても、急に人手を必要とした場合に、助っ人を頼むことができる気軽さがある。

フリーエンジニアは、企業組織では対応できないような事柄に対して、人材の不足を埋める役割をはたすことができる。
組織だった大きな開発能力が必要である場合には、開発会社が担当し、会社組織では対応できない仕事の場合には、フリーランスとしての立場を持つインフラエンジニアが活躍できる。

互いの役割を認識し、適した条件の仕事をこなしていくことで、必要とされる通信環境の整備が社会の中で効率よく進む。
通信ネットワークの設備を必要とするクライアント企業も、通信環境の目的や規模に応じて、開発会社やあるいはフリーエンジニアに仕事を依頼する選択肢がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です