フリーエンジニアの能力に合うインフラ開発

フリーエンジニアとして得られる収益を伸ばすためには、高報酬の仕事の案件を獲得する必要がある。ただし、高収入の仕事の案件は、それだけ高い技能の条件が求められたり、案件の内容が難しいケースが多い。そのため、安易に高額な報酬の案件に飛び込むことは危険である。
一方で、フリーエンジニアとして挑戦すべき案件もある事から、その見極めが重要なポイントとなる。

フリーのインフラエンジニアが高額案件を選ぶ場合には、拘束時間についてチェックする必要がある。
提供される報酬額は、見合った額ではあるものの、勤務の時間が長時間に渡るといった案件もある。
そうなると、必要となる勤務時間をトータルで考慮した場合に、かえって得られる収益が少ないといったことにもなりかねない。

また、自身のインフラエンジニアとして適した仕事の案件を選んだほうが、有意義に仕事ができる。
能力以上の難しいインフラ構築や管理の仕事を引き受けてしまうと、多大なプレッシャーを受けることになる。
そうなると、仕事のために体力や精神をすり減らして消耗が大きい。

場合によっては、肉体的精神的な不調から、次の仕事に差し支えることにもなりかねない。フリーエンジニアとしては、身の丈にあった難度と報酬のバランスが良い案件を選んだほうが、無理なく仕事が今後とも続けることができる。
エンジニアとしてフリーで仕事を続けていけば、次第に妥協すべきポイントの見極めがつけられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です